HLIFE*LIFE

今までありそうでなかった広島フリーペーパー『エイチライフ新聞』。いつもの日常から小さな楽しみを見出し、失われたものにしばし想いを馳せる・・・。ゆる~く発行中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1977年・俺たちの夏

コロコロコミック

「だから、壁新聞作りたいんだよ!」
児童図書館の貸し出しカウンターのそばの席でSが言った。
俺たちは小学3年生。同じ3年3組のクラスメートだ。
Sはやせて色が黒く、髪を横に撫で付ける癖があるため、
小学生にして「ヨコワケ」とあだ名が付いているキザな奴だ。
対して俺は色白で「ぽっちゃり王子」と呼ばれる肥満児。
外見は正反対なんだが、コイツとは何故か趣味が似通っていて、
休み時間にもよく話をする。「友達」というより「ライバル」だ。
俺がVol.4から買っている「コロコロコミック」をSはVol.3から買っていた。
先ほども小学館の学年誌を見ながらグラビアの『スター・ウォーズ』という
凄そうな映画の話をSがさも見てきた様に話すのを
「ふうーん」と相槌打ちながら聞いたばかり。
「(本当に観たのかな?まさか…)」

「で、新聞にはマンガを載せよう。藤子不二雄みたいに二人で描いて」
「面白そうだね!」
当時から「藤子不二雄」が共同ペンネームであるのはよく知っていたが
二人がほとんど別々にマンガを描いている、と知ったのはかなり後の話だ。
「タイトルは…」
「『ミクロくん』っていうのはどうかな?腕時計のスイッチを押すと
小さくなれる…」

「よし、それにしよう!で、他の記事は」
「僕の『毎日小学生新聞』からいい記事を写そう」
「それがいい!」
半ズボンの小学生二人は『著作権』という概念すら知らなかった。

「じゃ、今日、家に帰って1ページずつ記事を書いて
明日、教室の後ろに貼りだそう!」

「うん!」
「じゃあな!」
「じゃあな!」
いつの間にか夕方になり、日はそろそろ暮れようとしていた。
出来たばかりの大きな陸橋をミヤタ自転車の「ピーターパン」漕いで
帰るSの後ろ姿を俺はいつまでも見送っていた。

その時、我々は知る由もなかった。
それがその後30年にも渡る我々の苦闘の歴史の第一歩だったとは!

*この物語はフィクションです

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

  1. 2007/07/08(日) 21:29:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アナタのハートを盗みたい | ホーム | HLIFE 大地に立つ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hlifelife.blog105.fc2.com/tb.php/24-458b9fba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

s.sudo

Author:s.sudo
広島発フリーペーパー
エイチライフ新聞。
昭和レトロ・鉄道・食べ物などなど。
ゆるく雑多に取り扱ってます。
只今、広島市内の高感度スポットに
配布中。無料です。

mixiコミュも出来ました。
mixi会員の方はここから入れます。

本紙へのご意見・ご感想は
当ブログコメント欄に
お気軽にどうぞ!

広島ブログに登録しています。
あなたのアクセスがポイントになるので
是非、1日1クリックお願いします!

↓「大門捜査線」ムービー公開中!
動画:大門捜査線 第1回

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。